緊急対応要領 | 日本曲技飛行協会 | JAC

運営組織

大会規定

1. 目的

全日本曲技飛行競技会開催中に事故が発生した場合等緊急時の対応要領を定める。

2. 事故発生時の対応

第2回全日本曲技飛行競技会 実行委員会 委員長 奥貫 博
緊急対策本部 緊急対策に係る全てを指揮統制し、関連機関への通報・報道対応を統括する。
緊急対策本部長 奥貫 博
緊急対策副本部長 室屋義秀
本部班 本部の指示により、緊急活動に関する総務業務、情報収集取りまとめ、連絡を担当する。【斎藤喜章】
救難班 現場に急行し、可能な範囲での、消火、救出、及び、必要により観客等の避難誘導を行う。【丹治裕之】
救護班 負傷者の状況及び人数の本部への報告、応急手当、救急車への搬送の備え等を行う。【渡辺睦生,室屋義秀】
警備班 会場内の来場者及び周辺の安全、保安のための措置を担当し、現場の警備保全を行う。【大槻和信】

通報・連絡先

航空局 東京航空局仙台空港事務所 022-383-1301
福島市 福島市役所農業振興課 024-525-3727
警察 福島北警察署 024-554-0110 (110)
消防 飯坂消防 024-542-2986 (119)
病院 福島第一病院 024-557-5111

大会動画

関連リンク

ジャッジスクール

ジャッジスクール

BREITLING

audio-technica

ページトップへ